共和ブログ

ホーム > 共和ブログ > Green Eco Blog > エコツーリズム

2012.06.27

エコツーリズム

 こんにちは!
 本社総務部の齋藤です。

 もうすぐ(といってもあと1カ月後)、子供たちにとっては夏休みとなり、大人についてもお盆休みの予定をそろそろたてようか、と思う今日この頃だと思います。

 今年の夏はどこへ行こうか?と行きたいところのイメージを持たれている方も多いと思います。そこで、皆さんの夏休みの計画の一助になればと思い、当Green Eco Blogというタイトルとも連動した形で、今話題の「エコツーリズム」について書いてみようと思います。

 「エコツーリズム」という名称は、どこかで聞いた方が多いのではないかと思います。「エコツーリズム」とは、自然環境を主としながら、文化・歴史等を観光の対象として、その持続可能性を考慮するツーリズム(旅行、リクリエーション)のことで、平成20年4月にエコツーリズム推進法という法律が施行されたことで、エコブームとも相まって、最近脚光を浴びるようになってきたものです。

 具体的には、自然観光資源(世界自然遺産や各地域の国立公園・国定公園等)を旅行の目的地とし、現地の環境を配慮した旅行、文化・歴史等の習得をテーマとした旅行で、日本では、世界自然遺産に登録されている北海道の知床や青森・秋田県にまたがる白神山地、小笠原諸島、鹿児島県の屋久島ではこうしたツアーが盛んに行われています。また、身近な場所においても富士山北麓や山中湖、南アルプス・井川(静岡市北部)、南信州にはエコツーリズム推進協議会というものがあり、地域をあげてエコツーリズムに取り組んでいる場所があります。


 %E7%9F%A5%E5%BA%8A%E4%BA%94%E6%B9%96.jpg
                北海道 知床・知床五湖


 自分も以前、世界自然遺産の知床と小笠原諸島に行ったことがありますが、それぞれにビジターセンターというものがあり、そこでその地域の自然環境や生態系、文化や歴史等を学び、理解を深めてから観光しました。そうするとさらに観光がおもしろくなり、いろいろな物事に興味が注がれ、たいへん思い出に残る充実した旅行になった記憶があります。


 %E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E8%AB%B8%E5%B3%B6.jpg
                東京都 小笠原諸島・父島


 最後に、旅行といえば、いろいろな形態、楽しみ方の旅行がありますが、皆さんも夏休みには身近なエコを探しながら、心も体も癒されるエコツーリズムはいかがですか!

お問い合わせはこちらから

  • 電話番号:053-588-7215 Fax:053-588-7390
  • ホームページからのお問い合わせお問い合わせフォームへ
  • カテゴリトップへ戻る
  • ページの先頭へ戻る
  • 共和の事業エリア
  • 新着情報 業界の様子や新商品の紹介などをお知らせします