共和ブログ

ホーム > 共和ブログ > Green Eco Blog > 5日遅れで解禁しました!

2011.11.24

5日遅れで解禁しました!

111122_204833143.jpg

浜松営業所の谷高です。

5日ほど遅ればせながらで、今年のボジョレー・ヌーボーを飲みました。

本来、ボジョレー・ヌーボーの解禁は11月の第3木曜日で、今年なら11/17なのですが、当日が名古屋のフロアーメーカーの?イクタさんの工場研修があり、戻ったのが夕方7時近かったので、ショップに受け取りに行けず、11/22の我が家での解禁となりました。

ここ3年は決まって、浜松市北区都田町の【ドロフィーズ インテリア】さんで購入するようにしています。

このショップのワインは全て、オーガニック(自然農法)で作られた葡萄でワインを作っており、オーガニックのボジョレー・ヌーボーは他ではあまり手に入らないので、毎年ココのを買いに行くようにしています。

去年は【ドロフィーズ インテリア】さんのショップにワインコーディネーターのボアソンさん(フランス人)がボジョレーの解禁に合わせてお見えになり、ボジョレー・ヌーボー初め、色々なワインを事を教えて頂きました。

一昨年のボジョレーは私が飲んだ事がある中では最高の美味しさだったと思います。
ボジョレー・ヌーボーとは思えないほど骨格のしっかりとした葡萄の旨みを充分に感じる事ができるワインだったと記憶してます。

去年のボジョレーは打って変わって、苺畑のような香りに苺ジャムのような甘くフレッシュんな味わいで、ボジョレー・ヌーボらしい楽しみが出来ました。

そして今年、否が応でも期待が高まります。

苺の香りは去年ほど強くは感じないものの、さわやかな甘酸っぱい苺の香りは充分楽しめると思います。

肝心の味わいですが、最初は口の中に苺ジャムのような甘味が広がり、続いてさわやかな酸味が追いかけてきます。そして最後に舌にピリリとする渋みがあり、ボジョレーにしたは、ワインらしい葡萄の旨みも感じることが出来て、食事に合わせるのには去年以上に美味しく飲めると思います。

少しグラスを廻すと、最初に感じたアプコール感が消え柔らかい甘みと旨みが充分に堪能できるワインです。

興味がある方は【ドロフィーズインテリア】さんで、3,480円で売っております。
ボジョレー・ヌーボーとしては少し高めかもしれませんが、オーガニックのボジョレーでこの価格は決して高く無いと思います。

在庫限りだと思いますのでお早目に・・・・・

お問い合わせはこちらから

  • 電話番号:053-588-7215 Fax:053-588-7390
  • ホームページからのお問い合わせお問い合わせフォームへ
  • カテゴリトップへ戻る
  • ページの先頭へ戻る
  • 共和の事業エリア
  • 新着情報 業界の様子や新商品の紹介などをお知らせします