共和ブログ

ホーム > 共和ブログ > Green Eco Blog > 厳格です!【遠鉄様安全パトロール】

2012.10.29

厳格です!【遠鉄様安全パトロール】

こんばんは、浜北営業所 エコ開発課 鈴木景士です。
先日の金曜日、私は「遠州鉄道様」の安全パトロールの一員として
お客様の安全・安心現場つくりの「まさにその時」を目の当たりにしました。

安全パトロールは、お客さま=住宅の建築主様に代わって
近隣の方への配慮が行き届き、安心、安全な現場つくりが行き届いているかの
チェックを行います。建築の当事者=大工さん、各職人さんの十分以上の配慮
の上に、第三者の目が光ります。

点検項目です。


外部からチェック
建築現場の囲いは正しく設置されているか。
工事担当者の名前、会社名は正しく記載されているか。
足場と建物の距離は、メジャーで計測します。
トイレは清掃されているか。
ペーパーの替え芯までマニュアルに書いてありました。
とってもキレイです。


消化用バケツ、消火器 万が一の備えです。
これも規定されているのです。ここだけではありません。

次に内部です。

これも万が一の備え、
病院一覧表がありました。災害時に迅速な連絡、搬送が可能となります。

大工さんの道具もチェック対象です。
安全装備の不備はなく、安全な道具を使用しているか。

道具、使用材料は整頓されているか。
これ抜き打ちです。
現場のありのままをリアルにチェックします。
大工さん大変ですけど、今日の私たちはお客様に代わってチェックします。

知りませんでした。
電源の延長ドラムはドラムのケーブルを使用中全部出します。
発熱トラブルを防止しています。
ケーブルの出しっぱなしではないのです。

とにかくみんなの目でチェックシートを埋めます。
大変な項目で、初めてのわたくしは一つ一つを埋めるのが精いっぱいです。

最後に産廃ボックスをチェック!
お客様の材料を大事に使っているかな?

これは石膏ボード、リサイクルに回ります。
石膏ボードだけ、とても良い仕分けです。

木材もきれいに仕分けしてありました。

こちらはボックスに投入しません。
チップ工場に搬送されます。

以上が遠州鉄道様の安全パトロールです。
毎月一回、3班に分かれて実施し
?チェック。
?現場で気づいた事を全員で確認。
?会社に持ち帰り班ごとにチェック点の発表。
?反省会の締め、責任者挨拶となります。

お客様の住まいつくりを安心、安全に行うのは
その工事に携わる当事者だけではなく
「安全パトロール」という第三者の目が加わる事で達成されているのだなあと
感じました。つい自分の目線では気が付かない事って確かにありますね。

次回また呼んでください。お待ちしております。遠州鉄道様。


お問い合わせはこちらから

  • 電話番号:053-588-7215 Fax:053-588-7390
  • ホームページからのお問い合わせお問い合わせフォームへ
  • カテゴリトップへ戻る
  • ページの先頭へ戻る
  • 共和の事業エリア
  • 新着情報 業界の様子や新商品の紹介などをお知らせします