共和ブログ

ホーム > 共和ブログ > Green Eco Blog > スティーブ・ジョブズ氏

2011.12.05

スティーブ・ジョブズ氏

こんにちわ。浜北営業所の安藤です。
今日はアップル経営者「スティブ・ジョブズ氏」についてお話をしたいと思います(^?^)

今年8月突然、CEO辞任をした裏側には彼の死が近づいていたこと...。風のように駆け抜けた経営者ジョブス氏に興味があり「スティーブジョブズ夢と命のメッセージ」という文庫本を買い週末に読んでみました。
彼が世の中に伝えた名言から分かる彼の人生を描いているのがこの本です。その本に書いてあった一部の名言をちょこっとご紹介します(^v^)

「あなた方の時間は限られている。
だから他人の人生を生きて無駄にしてはいけない。
他者の教訓などにとらわれないでほしい。
それは他人の考え方に縛られて生きてることになるからだ。
他者の意見によって自分の内なる声を抑えつけてはいけない。
何より自分の心と直感を信じる勇気を持ってほしい」

・・・。
「直感」...。自分の「直感」でビジネスをする。
普通だったらあり得ないですよね?だって「直感」なんて不確かでもあって危険なものでもあって・・・。
でも彼はそんなことなど恐れず自分の直感を信じ、どん底のアップル社を成功へと導いた。

私は初代iPhone3Gから使い続けiPhone3G S、そして今はiPhone4を使用しています。
当初の日本でのiPhoneは発売当初は人気があったもののそこまで需要は伸びず私自身使用していてもMMSは使えないし絵文字も使えないし。そして説明書もなくその当時はiPhoneに関する本も少なかったので使い方がわからない!!で苦労しました。
しかしその分感動もあり、PCの電子メールがiPhoneから閲覧でき、ワード、エクセル、プレゼン資料もiPhoneから閲覧できてしまう。わざわざ会社に戻らなくてもそこから全部見れちゃう、メールの返信も出来ちゃう!!なんて便利なんだ!! で感動しました。

携帯電話の常識を覆したのがiPhoneで、今じゃ普通に浸透しているスマートフォンを作ったのがそのiPhone。そしてそのiPhoneが常に進化をし続けてる。
スマートフォンの需要が今では少なくとも5000万人以上の需要になっている。ものすごい進化ですね。

話は変わりますが、皆さんアップル社の「iTunes Store」が開発された意図はご存じですか?
当時、音楽の違法コピーが音楽レコード会社の収益を悩ませ、収益の為にCDの値上げをしたレコード会社もあって。値上げをすればするほど、消費者はCDを購入しなくなり益々違法コピーが増加する。これでは循環が良くないですよね。ジョブズ氏の考えはやはり私たちを驚かすもので「みんなが得をする」「ユーザーにはムチではなくアメを」というしくみをつくり、iTunes Storeで一曲安い値段で音楽のダウンロードができる。しかも違法行為もなくなる。という循環を作り出しiTunesStoreがアメリカでは音楽業界販売シェア80%超えの業績を残しました。

ジョブズ氏いわく、モノが売れなくなれば値上げをする、というのは儲け主義。
確かに・・・。ヒトの概念も覆す彼の考えはすばらしいものです。


長々と語ってしまいましが、彼の言葉、考えは進化し続ける世の中に何かヒントをくれるもの。常に、進化に立ち向かわなくては!!
とは言ってもまだまだ修行中の私、安藤。
仕事を覚えるのに自分の事で精一杯ですがとりあえず目の前のこと、、早く独り立ちできるよう頑張ります!!

お問い合わせはこちらから

  • 電話番号:053-588-7215 Fax:053-588-7390
  • ホームページからのお問い合わせお問い合わせフォームへ
  • カテゴリトップへ戻る
  • ページの先頭へ戻る
  • 共和の事業エリア
  • 新着情報 業界の様子や新商品の紹介などをお知らせします