共和ブログ

ホーム > 共和ブログ > 太陽光発電 > 太陽光施工☆ハマヨウ様の工事

2012.01.31

太陽光施工☆ハマヨウ様の工事

こんばんは。
浜北営業所の安藤です。

当社の太陽光施工はいつも屋根工事プロのハマヨウ様とそのハマヨウ様に教えて頂きながら当社共和で一緒に施工をさせて頂いております。

そこで今日は、共和の太陽光施工を請け負って頂いている「株式会社ハマヨウ様」の施工方法をご紹介をさせて頂きます!


今回、ご紹介させて頂く現場は、愛知県田原市のS様邸の現場。


今回の施工は支持瓦方式。

支持瓦方式の難題はパネルの配線を屋根裏にどのように繋いでいくかという点。

そこでハマヨウ様のご提案で事前に配線瓦を用意して頂きました。

これをどのように取付したかというと・・・

?通常の施工通り屋根板に小さい穴をあけます。

?付属の引込部材を設置し引込部材の廻りに、水切りシートとブチルテープを貼ります。(水や雨水の浸入を防ぐため)


?配線を配線瓦に通します。


?引込部材の廻りにコーキングで封入しヘラでならします。。(水や雨水の浸入を防ぐため)


?引込部材の挿入口をネンドで埋めます。。(水や雨水の浸入を防ぐため)

?ネンドの上から更にコーキングで封入しヘラでならします。。(水や雨水の浸入を防ぐため)

?ブチルテープと水切りシートの間にもコーキングを塗ります。(水や雨水の浸入を防ぐため)

?配線瓦を設置します。

?配線瓦の取付ビスにもコーキングを塗ります。(水や雨水の浸入を防ぐため)

?更に配線瓦の廻りにもコーキングを塗りヘラでならします。(水や雨水の浸入を防ぐため)

完成!!


この後、この上にパネルを設置します。

この施工は施工説明書にもどこにも記載していません。配線引込のやり方は自分たちで考えなくてはいけないんです。

この施工方法でお分かりだと思いますが、ハマヨウ様は雨水防止対策を何度も行っていました。これには流石に当社社員も驚き!!ここまで丁寧かつ厳重に施工をしている業者はあまりいないかと・・・!!

最後はこのように仕上がりました!

お見事!!

いつも丁寧に施工をして頂いているハマヨウ様に感謝します。

詳しい施工をもっと聞きたいという方は是非、共和にお問合せ下さい(^?^)

ちなみに今日は浜北区小松にある飯田組様の現場の施工をしてきました!

次はこの現場をご紹介させて頂きます(^?^)

お楽しみに♪♪

お問い合わせはこちらから

  • 電話番号:053-588-7215 Fax:053-588-7390
  • ホームページからのお問い合わせお問い合わせフォームへ
  • カテゴリトップへ戻る
  • ページの先頭へ戻る
  • 共和の事業エリア
  • 新着情報 業界の様子や新商品の紹介などをお知らせします